セイコーマートクラブ会員約款・ペコママネー利用約款・マイナポイント特約

事前告知

従来より、クラブカード(クラブカードプラスを除く)は、クラブ会員に貸与している旨のご案内をさせていただいておりましたが、より、クラブ会員の皆様に周知を図ることを目的として、2020年9月7日よりセイコーマートクラブ会員約款を変更(第3条第2項の追加)いたします。
なお、今回の変更により、クラブ会員の皆様の取扱いが変わることはございません。

変更前 変更前
第3条
クラブ会員は、会員カードの裏面署名欄に自署(スマートフォンアプリ等により提供されるものを除きます。)し、クラブ会員ご本人のみクラブ特典の提供を受けるためご利用いただけます。
第3条
クラブ会員は、会員カードの裏面署名欄に自署(スマートフォンアプリ等により提供されるものを除きます。)し、クラブ会員ご本人のみクラブ特典の提供を受けるためご利用いただけます。
2.クラブカード(クラブカードプラスを除きます)の所有権は当社に帰属し、当社は、クラブ会員本人にクラブカードを貸与します。クラブ会員は、善良なる管理者の注意をもってクラブカードを使用し、管理しなければなりません。

セイコーマートクラブ会員約款

 本約款は、株式会社セイコーマート(以下「当社」といいます。)が提供する個人のお客様向け会員サービス(以下「本サービス」といいます。)の利用条件等を定めるものといたします。

第1条(定義)

  1. 「クラブ会員」とは、第2条に従い入会申込みを行い、当社が承認したお客様をいいます。
  2. 「クラブ特典」とは、次の各号に掲げるクラブ会員限定のサービスをいいます。
  3. ①対象商品の購入時における会員価格の適用

    ②特定の商品購入時におけるポイントの付与

    ③その他、対象店舗が定める優遇措置等

  4. 「クラブポイント」とは、各種景品等と交換することができる当社の発行するポイントをいいます。
  5. 「会員カード」とは、お客様がクラブ特典を受けるために必要となる情報が記録されたペコマカード(スマートフォンアプリ等により提供されるものを含みます。)及びクラブカード(クラブカードプラスを含みます。)をいいます。

第2条(会員)

  お客様は、本約款の内容を十分に理解し、本約款に同意の上、当社所定の方法により入会申込みを行うものとし、当社が承認したときをもって、クラブ会員となります。

  1. 当社は、前項の申込みを行ったお客様が次の各号に該当する場合、前項の申込みを拒絶し、クラブ特典の利用をお断りすることができます。

    1. 既にクラブ会員である場合
    2. 法人、団体等で、個人でない場合
    3. お客様が反社会的勢力(その共存者も含みます。)に該当する場合
    4. 申込みをした時点で本約款違反等によりクラブ会員の資格を停止され、又は過去に本約款違反等に基づく当社からの強制退会処分を受けたことがある者である場合
    5. その他当社がクラブ会員として不適当であると判断した場合

第3条(会員カード)

 クラブ会員は、会員カードの裏面署名欄に自署(スマートフォンアプリ等により提供されるものを除きます。)し、クラブ会員ご本人のみクラブ特典の提供を受けるためご利用いただけます。

第4条(電子マネー機能)

  ペコマカードを保有するクラブ会員は、別途定めるペコママネー利用約款に従い、ペコママネー機能を利用することができます。詳しくはペコママネー利用約款をご確認の上、ご利用ください。

第5条(クラブポイントの付与)

  当社はクラブ会員に対し、セイコーマート、ハセガワストア及びタイエーの各店(以下「対象店舗」という。)において、商品(一部商品を除く)の購入時に会員カードをご提示いただくことにより、所定のクラブポイントを付与いたします。

  1. クラブポイント付与の対象外となる商品又はサービス、及びポイントの付与率については、別途、ホームページで公表いたします。

  2. 会員カードをお忘れの際は、当社の定める要件を満たした場合に限り、クラブポイントを後付けすることができます。詳しくは店頭でお問合せください。

第6条(有効期限)

  クラブポイントの有効期限は、付与された日の2年後の月末です。付与された日を基準に順次失効するのでご注意ください。ただし、キャンペーン等により付与された期間限定のクラブポイントは、この限りではありません。

  1. 有効期限を経過したクラブポイントは、残高の有無その他理由の如何を問わず無効となり、返金、払戻し又は再発行等をすることができません。

第7条(残高の確認方法)

  クラブポイントの残高及び有効期限は、セイコーマート各店に設置されたクラブステーション(以下「クラブステーション」といいます。)又はホームページ等でご確認ください。

第8条(クラブポイントの利用)

  クラブポイントは、ホームページ又はクラブステーションで景品の交換にご利用いただけます。

  1. 景品の交換方法、お渡しについては、クラブステーション又はホームページでご確認ください。

  2. 景品の受取期限を超過された場合は、景品のお渡しをすることができず、景品交換で利用したポイントも失効いたします。

第9条(クラブ会員価格の適用)

  会員値引き対象商品の購入に際し、会員カードを提示いただくとクラブ会員価格に値引きいたします。
ただし、会員カードをお忘れの場合は、クラブ特典のご利用はできません。

第10条(禁止事項)

  クラブ特典のご利用にあたり、次の各号に掲げる事項を禁止いたします。

  1. 紛失、盗難、偽造、変造又は改ざんされた会員カードを使用すること
  2. 不正な方法によりクラブポイント又は会員カードを取得し、又は不正な方法により取得されたものであることを知って利用すること
  3. 会員カードを故意に汚損、破損すること
  4. 会員カードを貸与若しくは譲渡し、又は担保、質入れその他の担保権を設定すること
  5. 会員カードを複数保有すること
  6. 本約款に違反すること
  7. その他、前各号に準じて当社が不適切と認めること

第11条(会員資格喪失及び退会)

  クラブ会員は、当社所定の方法で任意に退会することができるものといたします。

  1. 当社は、次の各号に掲げる場合又はそのおそれがある場合、クラブポイントの利用停止又は、クラブ会員に何ら通知することなく会員資格を喪失させることができるものといたします。

    1. クラブ会員が第2条第2項各号に該当した場合
    2. 本約款に違反した場合
    3. 会員カードが、紛失、盗難、偽造又は改ざんされたものと認められる場合
    4. クラブ会員が、不正な方法によりクラブポイント又は会員カードを取得し、又は不正な方法により取得されたものであることを知って利用したと認められる場合
    5. 2年間以上、会員カードのご利用がないと認められる場合
    6. ペコマカードを持つクラブ会員がペコママネー利用約款に違反した場合
    7. その他、前各号に準じて当社が不適切と認めた場合
  2. 前2項の場合、クラブポイントは失効するものとします。

第12条(再発行)

  利用者は、会員カードの磁気不良その他の読取不良、破損等があった場合又は紛失若しくは盗難にあった場合、当社に再発行を申し出ることができます。ただし、クラブポイントの移行は、当社の審査及び判断により行うこととし、クラブポイントの移行を保証するものではありません。

  1. 再発行後の会員カードは、カード番号や図柄・デザイン・機能が変更となる場合があります。予めご了承ください。

第13条(システム保守・障害等)

  次の事項に該当する場合は、クラブ特典のご利用を中止することがあります。

  1. システムの点検、補修、保守その他必要な作業を行う場合
  2. 通信機器、通信回線の故障又はメンテナンスを行う場合
  3. 火災、停電、その他天災地変等による場合
  4. その他やむを得ない事由による場合

第14条(会員情報)

  クラブ会員の入会申込書にご記入いただいた氏名、住所、電話番号等及び商品の購入履歴、サービス提供情報等(以下「会員情報」といいます。)は、本約款及び当社の個人情報保護方針(以下「個人情報保護方針」といいます。)に従い適切に管理いたします。なお、個人情報保護方針は、ホームページでもご確認いただけます。

第15条(会員情報の変更)

  クラブ会員は、会員情報に変更があった場合、速やかに当社所定の方法により会員情報の変更を届け出るものとします。

第16条(会員カードの切替え)

  クラブカード(クラブカードプラスを除きます。)を保有しているクラブ会員は、所定の申込書に現在保有のクラブカードを添えて当社へ申し込むことにより、ペコマカードに切替えをすることができます。

  1. 前項に従い会員カードの切替えを希望するクラブ会員のクラブポイントは、新しい会員カードに引継ぎをいたします。

  2. クラブカードプラスを保有している会員に限り、所定の申込書で当社へ申込むことにより、第10条第5号にかかわらずクラブカードプラスに加え、ペコマカードを保有することができます。ただし、クラブポイントの共通化、移行等はいたしかねますので、ご了承ください。

第17条(免責)

  当社は、当社の故意又は重過失による場合を除き、次の場合において、クラブ会員その他の第三者に対して損害等が生じたときでも、その責めを負わないものといたします。

  1. クラブポイントの有効期限が切れ、利用できなくなった場合
  2. クラブポイントが本約款に従い失効した場合
  3. 第13条によりクラブ特典のご利用ができなかった場合
  4. クラブ会員が第15条の届け出を行わなかった場合
  5. 会員カードの紛失、盗難、不正使用等があった場合
  1. 当社は、失効したクラブポイントの保証をいたしません。

  2. 当社は、次の各号に掲げる場合にクラブ特典(クラブポイントを含む)が不正に利用された場合でもクラブポイントの補償等はいたしかねます。

    1. 会員カードの紛失、盗難等があった場合
    2. クラブポイントの利用停止の申し出から利用停止までの間に利用された場合

第18条(合意管轄)

  本サービスに関する一切の訴訟については、札幌地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所といたします。

第19条(約款の変更)

  当社は、一定の予告期間をおいてホームページにて告知することにより、本約款を変更することができるものといたします。

  1. 前項の予告期間の満了をもって本約款は変更されるものとし、クラブ会員が本約款変更後に会員カード又はクラブ特典を利用した場合は、変更後の約款を承諾したものとみなします。

クラブポイント付与対象外商品
以下の商品は、クラブポイントが付与されません。

タバコ/切手、印紙、はがき、商品券、チケット類、プリペイドカード等の有価証券/電子マネー等へのチャージ/ゆうパック等の配送料/コピーサービス/地域指定ごみ袋、ごみ処理券類/料金収納(収納代行)
クラブポイント付与率
クラブポイントは、お支払方法により次のとおりのポイントを付与します。
お支払方法 お買い上げ金額に応じた付与率
現金又はペコママネー 100円(税抜)ごとに1pt
クレジットカード又はペコママネー以外の各社電子マネー 200円(税抜)ごとに1pt

ペコママネー利用約款

 本約款は、株式会社セイコーマート(以下「当社」といいます。)が発行する電子マネー「ペコママネー」の利用条件等を定めるものといたします。

第1条(定義)

  1. 「ペコママネー」とは、当社の発行する電子マネーで、当社又は当社の委託先が管理するサーバに記録される金銭的価値をいいます。
  2. 「カード番号」とは、ペコママネーを特定する16桁の数字をいいます。
  3. 「カード」とは、ペコママネーを使用するために必要な情報が記録・記載されたカード(スマートフォンアプリ等により提供されるものを含みます。)をいいます。
  4. 「加盟店」とは、ペコママネーを利用することができる店舗(当社を含みます。)をいいます。
  5. 「利用者」とは、ペコママネーの保有者で、本約款を遵守して利用される個人をいいます。
  6. 「利用」とは、ペコママネーのチャージ(加算・入金)、使用(商品の代金決済)又は残高照会をいいます。

第2条(基本規定)

  利用者は、本約款の内容を十分に理解し、本約款に同意の上、ペコママネーを利用することができます。

  1. 本約款は、別段の定めがない限り、ペコママネーの利用者に適用されます。

第3条(利用可能範囲)

  ペコママネーは、ペコママネー加盟店にて、商品(一部商品を除く)の代金決済に使用することができます。利用可能な店舗と代金決済の対象外商品は、ホームページをご確認ください。

第4条(有効期限)

  ペコママネーの有効期限は、最終利用日(チャージ・使用・残高照会)より2年間です。

  1. 有効期限を経過したペコママネーは、残高の有無その他理由の如何を問わず無効となり、返金、払戻し又は再発行等をすることができません。

第5条(残高及び有効期限の確認方法)

  残高及び有効期限は、ペコママネー利用後に交付されるレシート又は加盟店店頭若しくはホームページで残高照会を行いご確認ください。

第6条(チャージ)

  ペコママネーは、加盟店において現金により1,000円単位で1回49,000円までチャージ(加算・入金)することができます。

  1. ペコママネーの入金上限金額は、50,000円です。

  2. ペコママネーは複数保有することができません。また、複数のペコママネーの残高を合算し、又は他のペコママネーに移行することはできません。

第7条(代金決済)

  利用者は、加盟店の店頭において、次の(1)から(4)に従い、ペコママネーを商品の代金決済に利用することができます。

  1. 商品代金のお支払いの際、カードを提示してください
  2. 提示いただいたカードのペコママネー残高から商品の購入代金を差し引きます
  3. レシートにて、代金差引後のペコママネーの残高をご確認ください
  4. ペコママネーの残高が商品の購入代金に満たない場合は、不足分を現金その他の方法によりお支払いください
  1. ペコママネーは、一度に複数使用することができません。

第8条(払戻し)

  ペコママネーは、理由の如何を問わず、払戻し、交換、換金又は返金することができません。また、ペコママネーを利用して別のペコママネーにチャージすることはできません。

第9条(再発行)

  利用者は、故意又は重過失によらず、カードの紛失若しくは盗難又は磁気不良その他の読取不良、破損等があった場合、当社又は加盟店に再発行を申し出ることができます。ただし、当社の審査及び判断により再発行を行うこととし、当社は再発行を保証いたしません。

  1. 再発行後のカードは、カード番号や図柄・デザインが変更となる場合があります。予めご了承ください。

第10条(反社会的勢力の排除)

  暴力団等の反社会的勢力(その共存者も含みます。)に該当する方のペコママネーのご利用はお断りいたします。利用者は、現在及び将来にわたり反社会的勢力に該当しないことを確約してペコママネーをご利用ください。

第11条(禁止事項・失効)

  ペコママネーのご利用にあたっては、ペコママネー又はカードに対し、次の事項に該当する行為を禁止いたします。

  1. 偽造、変造、改ざんすること
  2. 故意に汚損、破損すること
  3. 貸与若しくは譲渡し、又は担保、質入れその他の担保権を設定すること
  4. 複数保有すること
  1. 当社は、次の事項に該当又は該当するおそれがあると判断した場合、ペコママネーを失効させ、当該ペコママネーの使用をお断りすることができます。

    1. ペコママネー又はカードが、紛失、盗難、偽造又は改ざんされたものと認められる場合
    2. 利用者が不正な方法によりペコママネー若しくはカードを取得し、又は不正な方法により取得されたペコママネーであることを知って利用したと認められる場合
    3. 本約款に違反した場合
    4. その他、前各号に準じて当社が不適切と認めた場合
  2. 当社は、前項により失効したペコママネー残高の保証をいたしません。

第12条(システム保守・障害等)

  次の事項に該当する場合は、ペコママネーの利用並びに残高及び有効期限の確認を中止することがあります。

  1. システムの点検、補修、保守その他必要な作業を行う場合
  2. 通信機器、通信回線の故障又はメンテナンスを行う場合
  3. 火災、停電、その他天災地変等による場合
  4. その他やむを得ない事由による場合

第13条(加盟店との取引)

  ペコママネーを利用して購入した商品の欠陥、返品等の問題は、利用者と加盟店との間において解決するものとします。

第14条(免責)

  当社は、当社の故意又は重過失による場合を除き、次の場合において、利用者その他の第三者に対して損害等が生じたときでも、その責めを負わないものとします。

  1. ペコママネーの有効期限が切れ、利用できなくなった場合
  2. ペコママネーが本約款に従い失効した場合
  3. 第12条によりペコママネーが利用できなかった場合
  4. 利用者と加盟店との取引においてトラブルがあった場合
  5. ペコママネーの紛失、盗難、不正使用等があった場合

第15条(合意管轄)

  ペコママネーに関する一切の訴訟については、札幌地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所といたします。

第16条(約款の変更)

  当社は、一定の予告期間をおいてホームページにて告知することにより、本約款を変更することができるものとします。

  1. 前項の予告期間の満了をもって本約款は変更されるものとし、利用者が本約款変更後にペコママネーを利用した場合は、変更後の約款を承諾したものとみなします。

ペコママネー代金決済対象外商品
以下の商品は、ペコママネーでお支払いいただけません。
切手、印紙、はがき、商品券、チケット類、プリペイドカード等の有価証券/電子マネー等へのチャージ/ゆうパック等の配送料/コピーサービス/地域指定ごみ袋、ごみ処理券類/料金収納(収納代行)

マイナポイント特約

第1条(目的)

  1. 本特約は、マイナポイントの活用により、消費の活性化、マイナンバーカードの普及促進および官民キャッシュレス決済基盤の構築を行うことを目的とするマイナポイント事業(以下「本事業」といいます。)に関して、マイナポイントの付与の条件、方法等、利用者が選択したキャッシュレス決済サービスを提供する事業者が利用者に対してマイナポイントの付与に係るサービス(以下「本サービス」といいます。)の提供を行うにあたっての基本的事項を定めることを目的とするものです。
  2. 利用者は、ペコママネー利用約款に付随する特約として、本特約および別紙の内容を承認のうえ、本特約に基づき本サービスの提供を受けるものとします。また、本サービスの提供を受けるにあたっては、本特約のほか、ペコママネー利用約款が適用されるものとします。

第2条(定義)

  1. 「マイナンバーカード」とは、行政手続における個人を識別するための番号利用等に関する法律(平成25年法律第27号)第2条第7項に規定する個人番号カードのことをいいます。
  2. 「マイキーID」とは、マイナンバーカードのマイキー部分(ICチップの空き領域と公的個人認証の部分)のうち、公的個人認証サービスに対応して利用者が任意で作成する、一意性が確保されたIDであり、マイナポイントの付与を行うために、本人を認証する識別子として必要になるものをいいます。
  3. 「マイキープラットフォーム」とは、マイナンバーカードのマイキー部分を活用して、マイナンバーカードを各種サービスの利用に係る共通の手段とするための共通情報基盤をいいます。
  4. 「マイナポイント」とは、対象決済事業者が、対象キャッシュレス決済サービスで利用可能なポイント等を所定の要件で所定の対象者に付与する場合における当該ポイント等をいいます。
  5. 「キャッシュレス決済サービス」とは、電子マネー、QR コード決済、クレジットカード等、一般的な購買に繰り返し利用できる電子的な決済サービスをいいます。
  6. 「事務局」とは、国(総務省)の監督のもと本事業を運営する一般社団法人環境共創イニシアチブ事務局をいいます。
  7. 「登録決済事業者」とは、本事業に関して事務局に登録された、キャッシュレス決済サービスを提供する事業者をいいます。
  8. 「対象キャッシュレス決済サービス」とは、登録決済事業者が提供するキャッシュレス決済サービスのうち、マイナポイントの申込みにあたり、利用者が選択したキャッシュレス決済サービスをいいます。
  9. 「対象決済事業者」とは、対象キャッシュレス決済サービスを提供する事業者をいい、本特約においては株式会社セイコーマートが該当します。
  10. 「利用者」とは、マイナンバーカードの保有者であって、マイキーIDの設定(マイナポイントの予約を行うことでマイキーIDが設定されます)を行った者のうち、一つのキャッシュレス決済サービスを選択して本サービスの申込み・登録を希望する者または行った者をいいます。
  11. 「前払」とは、前払式支払手段(資金決済に関する法律第3条第1項)の発行に係る対価の支払をいいます。
  12. 「物品等の購入」とは、前払式支払手段、資金移動業に用いられる電子マネー、クレジットカード等のキャッシュレス決済サービスを利用した商品もしくは権利を購入し、または有償で役務の提供を受けることをいいます。

第3条(ポイント付与の要件および方法)

  1. 利用者は、本サービスの申込期間として事務局または株式会社セイコーマート(以下「当社」といいます。)が定める期間内に、国が定めるマイナポイント利用規約および当社が定める方法に従って申し込みを行い、ペコママネーの登録が完了した場合には、付与対象期間において、ペコママネーをチャージ(以下「対象行為」といいます。)したとき、マイナポイントの付与を受けることができます。なお、マイナポイント利用規約および当社が定める方法に従って申し込みを行い、ペコママネーの登録が完了した場合には、原則として、他のキャッシュレス決済サービスに変更することはできません。
  2. 前項に関わらず、マイナポイント付与の要件を満たしたと当社が判断した場合には、マイナポイントの付与を受けることができるものとします。
  3. 第1項の付与対象期間は、対象者が本サービスの申込みを行った日と2020年9月1日のいずれか遅い日から、2021年3月31日までの期間をいいます。
  4. マイナポイントは、チャージ金額に応じて付与されます。チャージ金額は1,000円単位とし、チャージ金額の合計に対して25%に相当する額を付与するものとします。
  5. マイナポイントは、原則として、マイナポイント付与の対象となるチャージ以後、一または複数のチャージ合計値に対して、当社が定める時期に付与されます。ただし、マイナポイント付与後の残高が50,000円を超える場合には、付与後の残高が50,000円以下になるまで、マイナポイントは付与されないものとします。
  6. 第三者によるマイキーIDまたは対象キャッシュレス決済サービスとしてぺコママネーの登録が行われた場合および利用者がマイキーIDの登録またはペコママネーの登録において誤った情報を登録することその他登録手続の不備があった場合において、当社、国および事務局は、当該利用者に対してマイナポイントを付与する義務を負わず、その他当該登録に関する責任も負わないものとします。

第4条(ポイント付与ができない場合)

  1. 対象行為が行われた場合であっても、以下に掲げる場合には、マイナポイント付与が行われないものとします。なお、国等および当社は、以下に掲げる場合に該当するおそれがあると判断した場合には、マイナポイントの付与を停止することがあります。
    1. システム障害等によりマイナポイントの付与またはペコママネーの提供を停止しているときに対象行為が行われた場合
    2. マイナポイント付与の上限額を超えている場合(対象行為に係るマイナポイント付与によって上限額を超える場合は、当該超過部分について付与が行われない。)
    3. 第8条に定める不当な取引等その他本特約またはペコママネー利用約款に違反する取引または行為であった場合
    4. 解除、取消等により対象行為に係る取引が無効となった場合
  2. 当社は、前項によりマイナポイントの付与が行われない場合であっても、当社の責めに帰すべき事由による場合を除き、これにより生じた損害について責任を負わないものとします。

第5条(マイナポイントの付与状況の確認)

  1. 利用者は、付与されたマイナポイントの数量・金額等マイナポイントの付与状況に関する事項で当社所定の事項(付与ポイント累計・付与可能残ポイント・利用履歴等)につき、当社所定の方法により確認することができます。
  2. 利用者は、付与されたマイナポイントの数量・金額に誤りがあること、付与されるべきマイナポイントが付与されていないことまたは利用者に付与されるべきマイナポイントが第三者に付与されていることを知った場合には、直ちに当社にその旨を申し出るものとします。この場合、当社は、当該申出に係る数量・金額の誤り等を認めた場合であって、当該誤り等の是正が必要と判断した場合には、速やかに数量・金額の訂正や誤って付与されたポイントの取消等の措置を講ずることとします。

第6条(付与額の上限等)

  1. マイナポイントの付与は、利用者1人に対して5,000円相当額分を上限とします。
  2. マイナポイントの有効期間は、ペコママネーの最終利用(チャージ・使用・残高照会)から2年間とします。

第7条(付与の取消)

  1. 当社は、マイナポイントの付与を行った場合に、当該付与に係る取引が本サービスの適用対象外であることや国または事務局より補助金返還が命ぜられた部分に相当することが判明したとき、または第4条第1項各号に該当することが判明したときは、利用者に対するマイナポイントの付与を取り消します。また、第5条第2項後段に該当する場合には、誤って付与されたマイナポイントを取り消すことがあります。
  2. 前項に定めるときに、利用者に付与されたマイナポイントが既に物品等の購入に係る決済に使用され、もしくは第三者に譲渡されていること等により取り消すことができない場合には、当社は、当該利用者に対し、付与されたマイナポイント相当額の金銭の支払を請求することができるものとします。
  3. 第1項の取消しは、当社または国および事務局の判断に基づき行われるものとします。ただし、当該取消しが行われたことにより、利用者に損害等が生じた場合であっても、当社、国および事務局は自らの責めに帰すべき事由による場合を除き、責任を負わないものとします。
  4. 利用者は、利用者がペコママネー加盟店において、取引の取消しまたは当該取引に係る物品等の返品をする場合にはペコママネー利用約款に従うものとし、当該加盟店から現金等による返金を受けてはならないものとします。

第8条(不当な取引その他の禁止行為)

  1. 利用者は、以下の各号に掲げる取引(以下「不当な取引」といいます。)を行ってはならないものとします。ただし、(1)号から(3)号については、マイナポイント利用規約に基づき法定代理人が本人に代わって登録する場合は除きます。
    1. 他人のチャージを実施した結果に基づいて、自己がマイナポイント付与(決済手段とマイキーIDの紐づけを含む。以下本項において同じ。)を受け、あるいは、当該他人以外の第三者にマイナポイントの付与を受けさせること
    2. 他人に付与されたマイナポイントを不当に使用すること
    3. 他人のマイナンバーカードを用いてマイナポイントの付与を受けること
    4. 架空のマイナンバーカードの利用、マイキープラットフォームへのサイバー攻撃やマイキープラットフォームのバグ、エラー、脆弱性の利用等によって、マイナポイントの付与を受ける要件を満たさないにもかかわらず、マイナポイントの付与を受けること
    5. 循環取引(例えば、2者が架空の商品の売買を双方で実施することでマイナポイントの付与を受ける等)や架空取引(例えば、ペコママネーによる決済実施後に同額を現金で払い戻しを受け、マイナポイントの付与を受ける等)等、実態の伴わない取引)に基づいてマイナポイントの付与を受けること
    6. その他国、事務局が、マイナポイント制度の趣旨に照らして不当であると判断した方法によりマイナポイントの付与を受け、または使用すること
  2. 利用者は、前項に定める取引のほか、以下の各号に定める取引または行為を行ってはならないものとします。ただし、(1)号および(2)号については、マイナポイント利用規約に基づき法定代理人の決済手段に登録する場合は除きます。
    1. 他人の決済手段たるぺコママネーを対象キャッシュレス決済サービスとして登録すること
    2. マイナポイントの付与を受けることができる地位について、第三者に譲渡、移転、その他の処分をすること
    3. 国、事務局および当社が運営するシステム等への不正アクセス、本事業の運営に関するシステム等に過度な負荷をかける行為その他本事業の運営を妨害し、または妨害するおそれのある行為
    4. その他前各号に準じる行為
  3. 前2項の定めに違反した場合は、当社は、何らの通知または催告を行うことなく、第7条に基づくマイナポイント付与の取消し、当該利用者に付与されたマイナポイントすべての取消しおよび当該利用者のマイナポイントの付与を受けることができる資格の取消しを行うことができるものとします。また、当社は、ペコママネー利用約款に基づき、ぺコママネーの利用停止、会員資格等の取消しその他当社が定める措置を行うことがあります。
  4. 不当な取引および第2項に定める取引もしくは行為(以下「不当な取引等」といいます。)やそのおそれが生じたこと、利用規約等もしくは本特約に違反する行為または利用者の責めに帰すべき事由により、当社、国または事務局その他第三者に損害が生じた場合には、利用者は、当該損害額に相当する金額を賠償するものとします。

第9条(取引等の調査等)

  当社は、不当な取引等が行われたおそれがあると判断した場合に、当該取引等を行った利用者について、ポイントの付与、使用状況やペコママネーの利用履歴や問い合わせ履歴その他不当な取引等の判断に必要となる情報を調査します。この場合、当社は、利用者に対し、電話、メール、訪問を行う方法その他の方法により不当な取引等の存否等に関する調査を行うことを承諾するものとし、当社からの問い合わせに応じること、不当な取引等を行ったか否かに関する必要な回答をすることその他当社による調査に対して必要な協力を行うものとします。

第10条(不当な取引等における事務局等への届出・通知等)

  利用者は、不当な取引等を行い、またはそのおそれがあると当社が判断した場合、当社が国または事務局に、以下の各号に掲げる事項を届け出ること、ならびに届け出された情報が個人を特定しない形で国、事務局、当社、およびペコママネー加盟店に対して、マイナポイントの付与等本事業の遂行および不当な取引等の防止のために提供されることに同意します。

  1. 不当な取引等またはそのおそれがある取引等を行った日時、当該取引等の内容
  2. 当該利用者のぺコママネーの利用履歴、問合せ履歴のうち、不当な取引等またはそのおそれがある取引等に関する情報
  3. 不当な取引等またはそのおそれがあるとの判断した理由に関する情報
  4. 不当な取引等またはそのおそれがある取引等を行った利用者への対応の内容
  5. その他、不当な取引等またはそのおそれがある取引等に関して前項に基づく調査により取得した情報

第11条(利用停止等)

  1. 当社は、以下の各号のいずれかの事由が生じた場合には、利用者に対して何らの通知または催告を行うことなく、マイナポイント付与の停止もしくはペコママネーの提供の全部または一部の停止または中断をすることができるものとします。
    1. 国、事務局が運営するシステム等の不具合、通信回線の障害、第三者による不正アクセス等によって生じた障害などのシステムトラブルに起因して、本サービスまたはペコママネーの提供ができない場合
    2. 地震、落雷、風水害、停電、天災地変などの不可抗力により、本サービスまたはペコママネーの提供ができなくなった場合
    3. マイナポイントの付与または対ペコママネーに係るシステム等の点検または保守作業を行う場合
    4. 国等および当社が4条1項各号に掲げる場合に該当する、または該当するおそれがあると判断した場合
    5. その他当社が本サービスまたはペコママネーの提供の停止または中断が必要であると判断した場合
    6. 国または事務局が本事業の実施を停止、または中断した場合
  2. 当社は、前項に基づく本サービスもしくはペコママネーの提供の停止または中断により利用者に生じた損害について、当社の責めに帰すべき事由がある場合を除き、責任を負わないものとします。

第12条(免責)

  1. 第三者がマイキーIDおよび暗証番号を利用して本サービスの申込みを行った場合には、当該申込みに基づく本サービス利用の登録は、当該マイキーIDに係る本人による登録とみなし、当該申込みを行った者によるペコママネーの利用等により当該マイキーIDに係る本人に損害が生じた場合においても、当社、国および事務局は責任を負わないものとします。
  2. ペコママネー加盟店、他の登録決済事業者およびその加盟店、事務局ならびに国等、当社以外の第三者に起因する事情に基づいて生じた利用者の損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。

第13条(本特約の改定)

  1. 利用者は、本サービスが国の施策である本事業の一環として行われるものであり、本事業の内容の変更または具体化等の事情により、随時変更される可能性のあるサービスであることを承諾するものとします。
  2. 当社は、本サービスの対象期間中に、必要に応じて、本特約および本サービスの内容を変更できるものとします。また、本特約および本サービスの内容の変更は、WEBサイト上への公表その他の変更手続を履践した場合に効力を生ずるものとします。

第14条(情報提供)

  当社は、当社の故意又は重過失による場合を除き、次の場合において、利用者その他の第三者に対して損害等が生じたときでも、その責めを負わないものとします。

  1. 利用者は、当社が第1号記載の目的を達成するために必要な範囲で、第2号記載の個人情報を取扱うことに同意します。
    1. 利用目的
      1. 本事業の運営、本サービスおよびぺコママネーを提供するため
      2. 不当な取引等の検知、予防および不当な取引等が行われた場合の処理を行うため
      3. 本事業および本サービスに関する通知、案内等を行うため
      4. 利用者からの問合せ等に対して適切に対応するため
      5. 事務局に対する、本事業の精算業務のため
    2. 個人情報の項目
      1. 氏名、住所、電話番号、生年月日、メールアドレス
      2. ぺコママネーに係るアカウント等のID等アカウント等を特定する情報
      3. ペコママネーの利用履歴、ペコママネーの残高等アカウントの利用状況(取引に関し、ぺコママネーで決済した場合のみならず、現金決済した場合も含む)
      4. 付与されたマイナポイントの額その他の本サービスに係る利用状況
      5. 第9条に基づく調査等により取得した情報
  2. 利用者は、当社が国、事務局、およびペコママネー加盟店に対して本事業の実施、第10条に定める不当な取引等を行った者の特定および不当な取引等の防止、補助金交付に係る手続きのために、同条各号に定める事項について提供することに同意します。
  3. 当社は、第1号の目的に係る業務を第三者に委託する場合、当該委託に基づき前号の個人情報を当該委託先に提供することがあります。
  4. 前各項に定めるほか、本サービスに関する個人情報が、当社が定める個人情報保護方針に従い取り扱われることがあります。

第15条(本特約に定めのない事項等)

  本特約に規定のない事項および付与されたマイナポイントについては、ペコママネー利用約款によるものとします。

第16条(問い合わせ先)

  本サービスに係る問い合わせ、苦情等は、本特約別紙で定める問い合わせ先に対して行うものとします。